diet diary

私の食生活や運動を記録していきます。気を引き締めて、体も引き締めたいです。

とんでもない本に出会ってしまった

最近した仕事で、クリームシチューの起源について調べる機会がありました。

そのなかで、クリームシチューは外国の料理ではなく、日本独自の料理だということがわかり、結構な衝撃を受けました。

普段栄養学ばかりを勉強していたので、料理の歴史や日本の食文化について触れる機会がなかったのです。

 

自分の知らないことも世の中にはたくさんあるんだなぁと思いながらも、学ぶことは楽しいと感じます。

しかし、知らなければ幸せなのに、嫌なことを目にすることもあると、今回わかったのです。

 

クリームシチューについて調べていくと、その発祥が戦後の学校給食だったということがわかりました。

みなさんは、戦後の学校給食=パン給食だったということをご存知でしょうか?

私は小学生の頃の給食にはご飯が出ていたので、変な感じがしてしまいました。

むしろ当時はパンの方が嬉しかったので、ちょっと羨ましい気持ちもあります。

 

しかし、このパン給食には、大きな声ではいえない、アメリカと日本の複雑な思惑が隠されていたようです。

 

当時のアメリカは、どういうわけか小麦を多量に余していたらしいです。保管するにも場所代というもので莫大なお金がかかる。

 

それなら、「よし、戦後で食糧難の日本に送ってしまおう!」

「ついでにこれからも小麦を買い続けてもらえるように、子供の頃から味を覚えさせよう!」

簡単にいうとこういうことです。

 

戦後は格安で小麦を提供してくれていたそうで、日本政府としてもこれに乗っかるしかないですよね。

「日本人の体が外国人に比べて貧弱なのは食事のせいだ!」

ということで栄養士による、いわゆる「洋食」の普及活動も行われていました。

「油いため運動」という気持ちの悪い取り組みまで行っていたそうです。

 

こうして短期間で日本の食文化は大きく変わっていきました。

 

その結果、今は生活習慣病が増え、病気の種類も変わってきていますよね。

 

国は医療費の上昇で苦しんでいます。

今さら和食が見直されています。

栄養士に洋食が良いと言われてきた世代の方々はどう感じているのでしょうか。

 

国は大きなミスを犯したかもしれません。

ただ、戦後の食糧難というのは想像もできませんし、お金のことを考えるとそうするしかなかったのかもしれなく、安易に非難はできませんが。

 

食の欧米化は自然なものではなく、政治的な事情が絡んだ、「仕組まれた変化」だったといえます。それが嫌なんです。

 

そうやって栄養界最大のタブーといわれる事実を知ってしまってから、ここ数日ソワソワしていました。

旦那さんに熱弁すると、自分の頭がおかしくなったような、変な空気が流れました。

 

何も知らないとはいえ、栄養士自身が洋食を広めていたこと。

自分の舌も、洋食がおいしいと感じるものになってしまっていること。

学校給食が政治的に利用されてしまったこと。

いろいろ悲しいです。

 

牛乳が体にいいというのは本当なのかとか。

ハッピーセットっていう名前が怖いなとか。

健康な子供を育てるはずの給食が、すり込みに利用されているのか、とか。

 

良からぬことがグルグル頭のなかで回っています。

 

昔の食生活が今も続いていたらどうなっていたのでしょうか?

かかる病気も違うだろうし、医療費も抑えられているかもしれません。

 

たしかに料理の種類が増えて、おいしいものを食べられる機会が増えたのは良いことなのかもしれません。

 

ですが、この先自分の体に入るものは自分で選ばないと大変なことになるんじゃないかと心配です。

なにが本当でなにが嘘なのか、わからなくなってしまいました…。

人に健康の重要性を伝える立場なのに、自分の知識が間違っていたら意味ないですよね。

 

とりあえず今できることは、和食を食べる頻度を増やすこと。日本人の体にはやはり日本食が合うはずです。

パンも好きだし洋食も好きだけど、思惑通りに自分の味覚も形成されたのかと思うとちょっと悔しい。

 

まぁ今更何を言っても仕方ない部分もあるのかも。和食も見直されてきてるし、よい方向に進むことを願うしかないですね。

 

極端な考えはしないをモットーに。

(頭がおかしくなってしまうので…)

 

私が読んだ本はコチラ。

ぜひ読んでみてほしい。

「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活 感想 鈴木 猛夫 - 読書メーター

 

この本は特に若い栄養士、管理栄養士さん必読。

衝撃の連続です。

 

温活

私の住む北海道は、ご存知の通り秋〜冬はとんでもなく寒い地域です。

 

家の中は、暖房がついているのでさほど寒さを感じることはないのですが、外に出たり車で移動したりするとすぐに体が冷えてしまいます。

 

私は昔から冷え性で、家のなかでも靴下と厚着を欠かせません。

寝るときも靴下を履くこともありました。(これはよくないと知りやめました)

 

最近は腰回りの冷えが特に酷いなと感じていて、服を着込めば変な汗をかき、脱ぐと冷えるしで、体温調節がうまくいっていませんでした。

 

そんななか、先日お誘いをいただき、さくらコットンという会社の社長さんのお話を聞く機会がありました。

 

冷えることで体にどんなリスクがあるのか、温めることはどんなにすごいことなのか、色々なお話を聞くことができたんです。

特に、生理用品や子供のオムツに使われているポリマーの話は興味深かったです。

f:id:katamurayumi:20181127233554j:image

 

そして、販売会では私もヒエトリパットを購入。さっそくその日から使い始めました。

f:id:katamurayumi:20181127233830j:image

 

一番効果を感じたのは、使い始めた当日です。

はじめは思い込みなのか?と思ったんですけど、久しぶりに朝までぐっすりと眠れて、これはヒエトリパットの効果だ!と実感しました。

 

実は何度も夜トイレに起きることがあって、コーヒーのせいなのかなぁ、と思っていたんですが、そうでもなかったみたいです。

体が芯から冷えていたんだと思います。

 

女性には冷え性の方も多いですし、女性特有の病気も冷えが原因で起こることもあります。

体を温める、それだけのことでも、いろんな症状を予防することができるのかもしれません。

 

食べ物や飲み物から、内側から温めることも大切ですが、肌と接触する下着や、締め付けなどを見直してみるのも必要なんですね。

 

社長の菊川さんの起業のお話も楽しかったです。

興味のある方は是非【さくらコットン】で検索してみてくださいね!

 

f:id:katamurayumi:20181127234134j:image

 

ガン予防に効く食品とは?

私ごとですが、最近ガンについて考えざるを得ないできごとがあり、改めてガンって怖い病気だなと思いました。

 

ガンは本人だけではなく、家族や親戚、友達にまでも悲しみを与えてしまいます。

 

しかし、今の時代ガンは誰にでもなる可能性があります。

 

生活習慣病の一つですし、2人に1人の確率でガンになってしまうそうです。

 

ガンの原因は、もちろん遺伝も関係ありますが、普段の生活習慣も大きく影響します。

食事、ストレス、喫煙、飲酒…なんでも原因になるのです。

 

そのなかでもやはり食事というのは大事な部分でして、食事を気をつけることで、ガンのリスクを減らすことができると考えられています。

 

アメリカの国立がんセンターでは、デザイナーズフーズ・プログラムと称し、ガン予防に効果的な食材をピラミッドの形で表現しています。

 

そのトップに位置付けられているのが、実はにんにくなんです。

にんにくには、抗酸化作用を持つセレンや硫化アリルが含まれています。すりおろしたり切ったりすることでより効果が高まるそうです。

にんにくは、ガン予防だけではなく、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

まぁ、いくらにんにくが良いとは言っても、食べていれば必ずしも誰もがガンにならないというわけではありません。

効果がある、と言っているのではなく、効果が期待できるという話です。

 

結局は、病気になる原因は一つではなく、明確には判断できません。なので、何か一つを食べ続けることが大切というわけではなく、食事全体に気をつける必要があるのです。

 

病気予防のために何かをしてみたいという方は、過剰な期待を寄せすぎず、気軽に試してみるのもアリかもしれないですね。

 

冬は太りやすい?

寒くなってきましたね。

私の住んでいる北海道は、もう雪が降ってもおかしくない時期になりました。

冬は乾燥した空気のせいで風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

体調管理には気を付けたいですね。

 

ところで、冬って太りやすいイメージはないですか?

実際は、人によって違うとは思うのですが、どうしてなんでしょうか。

 

考察1

脂肪を蓄えるから?

 

動物は、冬眠に備えて栄養を蓄えると言います。たしかに、脂肪の役割の一つとして、保温効果があります。

外の温度が低ければ、体温も下がってしまうので脂肪を蓄えて体を守ろうとする機能があるかもしれません。

しかし、人にとっても、これが通用するのかどうかは不明ですし、個人差があるとしか言うことができないです。

 

考察2

運動不足?

 

この理由は大きいと思います。寒くなると外に出るのが億劫になりますし、雪国では環境的にウォーキングができなくなります。

その分雪かきなどで活動量を増やすことは可能ですので、こまめに動いて消費しましょう。

 

考察3

イベントが続くから?

 

クリスマス、忘年会、お正月。

会食が増え、ホームパーティをする家庭が増えます。

パーティーでは恐らく、通常の食事プラス500kcalはとっていると思うので、その分消費することができなければ肥満に傾きます。

たった一日だけの暴飲暴食は調整が効きやすくなりますが、「続く」というのがいけないのです。

 

コツとしては、食べすぎた日の翌日は必ずカロリーを抑えた食事をすること、ですね。手遅れにならないように早めに対処しましょう。

 

冬に太る原因は、体のメカニズム云々よりも、暴飲暴食と運動不足という単純なものだと思います。

 

少しでも意識することができれば、工夫次第で肥満を防止できます。何もしないのではなく、なにができるかを改めて考えてみましょう。

予防が一番大切です。

安全大会講話

建設会社様の安全大会で、講話をさせていただきました。

 

健康寿命を延ばすをテーマに、生活習慣病メタボリックシンドロームの予防・対策についてお話してきました。

 

年々増加していく医療費は社会問題となっています。このままでは、医療費の負担が増えたり、安心できる医療が受けられなくなる可能性があります。

コンビニ受診も1つの要因となっているそうですね。

 

医療費の増加なんて自分には無関係!と思っている方も多いかもしれませんが、決して人ごとではないのです。

 

生活習慣病メタボリックシンドロームは、大体の場合食事と運動、つまりダイエットをすることで改善することができます。

 

【運動量が減ったのにご飯の量は変わらない】これは、危険信号です。

人は加齢とともに代謝が落ち、太りやすくなってしまいます。

 

みなさん恐らく、何をしたら良いのか、何をしたらいけないのかということはバッチリわかっているはずなので、日頃の意識を高めて、健康づくりに取り組んでほしいなと思います。

 

ただし、「極端なことはしない」「無理な目標設定をしない」ここは重要です。

 

毎日続けられる習慣を築けるように、簡単すぎると感じることから始めてみましょう!

 

国産か外国産か

なんだか眠いけど眠れないのでブログを書いてみることにします。

ですが夜にあまり頭を使いたくないので軽いテーマで。

 

今日チラッとSNSで見た食料自給率の話です。

食料自給率とは、私達が普段食べているものの中で国産の食材がどれだけ占めているかの割合のことをいいます。

 

これが、カロリーベースだと日本は40%弱ということでした。カロリーベースというのは、2000kcal摂取しているとするなら、そのうちの800kcal分は国産の食材ですよというものです。おそらく。

 

これってやっぱり低いですよね。

私はできるだけ産地をチェックするようにしているのですが、やっぱり輸入物は多いです。

 

果物だって肉だって魚だって。

果物は気候とかあるし仕方ないかなと思いますが、もっと頑張ろうよと感じるものもありますね。

 

そもそも、遠くの国から輸送費をかけて運ばれてきているのに、なんで国産よりも安いの?って思いませんか?

外国産のものが必ずしも危険なわけじゃないし、美味しくないというわけでもないです。

でもやっぱり国産のものがいいなと感じるのは、安全性の部分なのかなと感じます。

 

さっき参考書を見ていたら、産地が重要なわけではない、新鮮かどうかだと書いていました。確かにその通りです。外国産の食べ物でも新鮮なら良いということでしょうかね。

食品を衛生に保つことも大切ですよね。

 

まとまりのない文章ですが、私の思うことは次の2つ。

 

・国産、外国産の2つが並んでいたら国産を選びたい

・極端な考えを持たず、自分の落とし所を見つけよう

 

2つ目は自分にも言い聞かせたいことなので。

私は国産にこだわり過ぎて、どんどん食の幅が狭くなっているのが悩みなんです。

もうこれからは、そうは言ってられない時代がくる気がするので、対応していかないと。

 

というわけで、自分がつらくならないためにも、落とし所は大切ですよというお話でした。

 

食事で愛情を伝えること

食事って色々な役割がありますよね。

健康維持、幸福感、コミュニケーションなどなど…歴史や文化、地理も学ぶことができます。

 

私は、自分が家庭を持つようになり、子供達の食事作りに毎日追われています。

 

大変だなと思うことはもちろんあります。食べてくれないときはショックですし、時間のないときは面倒くさいなと感じます。

 

ですが、やはり食という生活の基本の部分を疎かにはできない性のようで、そのせいで自分自身がいっぱいいっぱいになることも多々あります。

 

子供にとって食事は、成長のためにも必要ですし、親から離れて自分の健康管理をするようになるためにも重要です。

味覚は子供の頃に発達しますので、体に良いものを美味しいと感じられる舌に育てられればなお良いですよね。

 

それに加えて、私は食事は親の愛情を伝えるという重要な役割を持っていると思っています。

子供の頃に、お惣菜や加工品ばかりの食事が当たり前の生活を送っているのは、その頃は良いかもしれません。

ですが、大人になってから他の人と比べるようになると、違いを感じるようになってしまいます。

 

大人になってから過去を振り返ったときに、「愛されて育ったんだな」と感じられることが、その後の自信や心の安定にも繋がるはずです。

 

親は誰でも子供のことは大切にしているとは思いますが、思ってるだけではなく形にしてほしいというのが私の願いです。

特別なものを買わなくても、贅沢をするわけじゃなくても、普段の食事からでも愛情は伝えられます。

 

毎日自炊をしてくださいと言っているわけではないのですが、苦手だからとか、時間がないからとか、はなから諦めてしまうのではなく、愛情を伝える努力をすることも必要なのではないでしょうかということです。

 

以上、あくまで私の持論でした。