diet diary

私の食生活や運動を記録していきます。気を引き締めて、体も引き締めたいです。

国産か外国産か

なんだか眠いけど眠れないのでブログを書いてみることにします。

ですが夜にあまり頭を使いたくないので軽いテーマで。

 

今日チラッとSNSで見た食料自給率の話です。

食料自給率とは、私達が普段食べているものの中で国産の食材がどれだけ占めているかの割合のことをいいます。

 

これが、カロリーベースだと日本は40%弱ということでした。カロリーベースというのは、2000kcal摂取しているとするなら、そのうちの800kcal分は国産の食材ですよというものです。おそらく。

 

これってやっぱり低いですよね。

私はできるだけ産地をチェックするようにしているのですが、やっぱり輸入物は多いです。

 

果物だって肉だって魚だって。

果物は気候とかあるし仕方ないかなと思いますが、もっと頑張ろうよと感じるものもありますね。

 

そもそも、遠くの国から輸送費をかけて運ばれてきているのに、なんで国産よりも安いの?って思いませんか?

外国産のものが必ずしも危険なわけじゃないし、美味しくないというわけでもないです。

でもやっぱり国産のものがいいなと感じるのは、安全性の部分なのかなと感じます。

 

さっき参考書を見ていたら、産地が重要なわけではない、新鮮かどうかだと書いていました。確かにその通りです。外国産の食べ物でも新鮮なら良いということでしょうかね。

食品を衛生に保つことも大切ですよね。

 

まとまりのない文章ですが、私の思うことは次の2つ。

 

・国産、外国産の2つが並んでいたら国産を選びたい

・極端な考えを持たず、自分の落とし所を見つけよう

 

2つ目は自分にも言い聞かせたいことなので。

私は国産にこだわり過ぎて、どんどん食の幅が狭くなっているのが悩みなんです。

もうこれからは、そうは言ってられない時代がくる気がするので、対応していかないと。

 

というわけで、自分がつらくならないためにも、落とし所は大切ですよというお話でした。

 

食事で愛情を伝えること

食事って色々な役割がありますよね。

健康維持、幸福感、コミュニケーションなどなど…歴史や文化、地理も学ぶことができます。

 

私は、自分が家庭を持つようになり、子供達の食事作りに毎日追われています。

 

大変だなと思うことはもちろんあります。食べてくれないときはショックですし、時間のないときは面倒くさいなと感じます。

 

ですが、やはり食という生活の基本の部分を疎かにはできない性のようで、そのせいで自分自身がいっぱいいっぱいになることも多々あります。

 

子供にとって食事は、成長のためにも必要ですし、親から離れて自分の健康管理をするようになるためにも重要です。

味覚は子供の頃に発達しますので、体に良いものを美味しいと感じられる舌に育てられればなお良いですよね。

 

それに加えて、私は食事は親の愛情を伝えるという重要な役割を持っていると思っています。

子供の頃に、お惣菜や加工品ばかりの食事が当たり前の生活を送っているのは、その頃は良いかもしれません。

ですが、大人になってから他の人と比べるようになると、違いを感じるようになってしまいます。

 

大人になってから過去を振り返ったときに、「愛されて育ったんだな」と感じられることが、その後の自信や心の安定にも繋がるはずです。

 

親は誰でも子供のことは大切にしているとは思いますが、思ってるだけではなく形にしてほしいというのが私の願いです。

特別なものを買わなくても、贅沢をするわけじゃなくても、普段の食事からでも愛情は伝えられます。

 

毎日自炊をしてくださいと言っているわけではないのですが、苦手だからとか、時間がないからとか、はなから諦めてしまうのではなく、愛情を伝える努力をすることも必要なのではないでしょうかということです。

 

以上、あくまで私の持論でした。

乳幼児健診のお手伝い

今年の四月から、乳幼児健診のお手伝いをしています。

行政のお仕事と関われるということで、大変勉強にもなりますし、可愛い子供達を眺められるのはとても幸せです。

 

いろんな人を見ていて思うのは、本当に家族それぞれ環境が違うなと。

 

環境も違うし、成長のペースも違う。

こういう現場に行くと、きっと比べちゃうと思います。

「あの子はできるのに」「あの子は体が大きいな。など…

 

子供の頃は個人差というものが多く、誰もが型にはまったような育ち方をするわけではありません。

 

みんなそれぞれ頑張って成長していますので、温かい目で見守ってあげることが大切です。

 

「人と比べない」こう胸に留めておくと、きっと少しは心が軽くなることでしょう。

3時間睡眠

昨日は2歳の息子の生活リズムが乱れ、散々な目にあいました。

 

午前中に一度車で寝て、そのまま夜まで持たず夕方に寝てしまったことが悪夢の始まり。

 

お母さんなら誰でも経験したことあるかもしれませんが、このまま朝まで寝るのか、それとも夜に起きて深夜コースか。

まさに天国と地獄の選択です。

 

残念ながら昨日はその後者を選んでしまったようで、さあ寝ようと布団に入ったタイミングで息子がバッチリ覚醒という不運でした。

 

まぁそんなことも言ってられないので諦めて、眠くなるまで付き合ってあげようと頑張ったらなんと深夜3時。

私のイライラが伝わってしまったのか、言うことをちゃんと聞いていい子にしていました。笑

 

朝はお姉ちゃんとパパのお弁当を作らなくてはいけないので6時に起床。3時間睡眠でした。

f:id:katamurayumi:20180912211146j:image

娘のお弁当、すみっこぐらしのネコ。

 

子供が産まれてから、朝まで続けて寝るということができていないので、基本的にいつも寝不足なのですが、さすがに3時間は頭が働きません。

 

一番遅く寝たのに、誰よりも早く起きなきゃいけないなんて母親業は大変ですよね、本当に…

 

ということで、夜ご飯は冷麦を茹でて楽をさせてもらいましたが、最近野菜があまり摂れていないのでストレスが…。

1日の理想的な野菜の摂取量は350gですが、意識しないとなかなか摂れないものですね。

明日は野菜をしっかり摂ろうと思います。

 

それでは、おやすみなさい。

 

お酒についての考え方

今年はお酒に関する残念なニュースが多いですね。

 

私も20代の頃はお酒飲んでいましたが、子供がいる生活になってからは飲んでいません。

たまに飲みたくなるのは甘酒。友達と集まる時にノンアルコールのビールを飲むくらいでしょうか。

 

ここまでお酒をやめてしまうと、飲むのがちょっと怖いというか、飲んで自分がどうなるかという不安があるので飲めません。

 

お酒を飲んで楽しそうにしてる人を見るといいなとも思ったりもしますが、依存してる人を見ると残念な気持ちにもなります。

 

私の父も大酒飲みで、子供の頃はお酒を飲む姿をよく見ていました。なぜかお酒=悪いものと思っていたので、そんな姿を見るのが嫌でした。

 

お酒を好きなら好きでもいいし、飲むなら飲んでもいいんですけど。コントロールできないくらい依存してしまうなら初めから飲まない方がいい。そう思います。

私も依存体質なのでハマると抜け出せなくならないか心配で飲んでいません。

 

お酒はコミュニケーションツールでもありますが、上手に使わないと人生を狂わせます。自分の人生だけじゃなく、人の人生さえも。

 

お酒は嗜める程度に抑えられる人だけが飲めばいい。

お酒を飲んで倒れたり、飲みつぶれたり。そんな姿を見て喜ぶ人はいるんでしょうか?

お酒を「断れない」時代は終わっています。自分のことを大切に思ってくれている人なら無理に勧めません。

 

自分の親がアルコールに依存していたらどうでしょう?目に見える害はなくても、私のように心の奥底に何とも言えない感情が潜み続けてしまうのです。

自分の健康と大事な人を守るためにも、お酒はほどほどに。コントロールできないのならやめましょう。

 

以上、個人的な意見でした。

 

phytochemical-dictionary.com

 

 

北海道大規模停電を経験して

9/6午前3時頃。私の住んでいる釧路では震度4の地震がありました。

もちろん寝ていたので夢うつつの状態です。いつもよりも大きい地震だなーと思ったくらいでした。

2歳の息子が起きて、何かに怖がっていたので気にして見ると、寝室の豆電球が消えていて。

あぁ、停電か。寝て起きたら付いてるかな。くらいの感覚でそのまま寝ました。

 

さすがにいつもよりも早く目が覚めて、様子を見るとまだ電気が付いていない模様。

幼稚園の用意だったり、旦那さんのお弁当だったりと、どうしよう?と心配になりました。

 

それから連絡網が来て、幼稚園は休み。旦那さんはいつもよりも早く仕事に出かけて行きました。

 

私はこの日たまたま人と会う予定があり、どうしても外に出なくちゃいけなかった。他の街から来てくださっている方だったので、延期はできませんでした。

旦那さんに反対されながらも、その予定を目指して外出の準備をしました。

 

目的地までの信号はほぼ消えていて、譲り合いながらの運転。子供を乗せて無謀だったと思います。

 

そして無事に用事を済ませて帰宅しましたが、電気が使えないとすることがない。地面が割れていたり怪我をしたりしているわけではない。さて、何をしよう?と…

 

子供たちをいかに退屈させないか、電気を使わずどうやって過ごすか、そこが私には大変なところでした。

 

前の日に偶然買っていた本を読んだり、付録で遊んだり、公園で遊んだり。本当に普通の生活でした。

ランニングしたり犬の散歩をしたり、庭の手入れをしている人もいました。

テレビでどうやって放送されていたのかはわからないけど、少なくとも私の住んでいるところは穏やかで、ゆっくりとした時間が流れていたと思います。

もっと被害が大きい地域もあるし、亡くなった方もいるので、自分は無事で平和で良かったなんてことは思えませんが…

 

困ったのは夜。

電気を点けずに、ランプとロウソクで過ごすのはもちろん初めて。

さすがに子供達はいつもの明るさとの違いに戸惑っていましたし、私も不安からかお腹を壊しました。

 

ランプは以前買って用意していたこちら。

f:id:katamurayumi:20180908203954j:image

電池不要。塩と水で点灯する非常用のランプです。

寝室へ持って行くと、豆電球の明るさよりも明るくてとても役に立ちました。

何より自分が心配症で、災害があるたびに不安に煽られて防災グッズを買っていたことが功を奏しました。

 

8時過ぎには布団に入り、みんなで音楽を聴いたり、充電していたパソコンで過去のホームビデオを見たりして眠気を待つことに。

寝てしまえば怖くもないし、星が綺麗だねなんて話もしました。

 

そして、朝起きるとインターホンのモニターがピッ!と鳴る音が。6時くらいに無事に停電から復旧しました。

これは早い方だったらしく、同じ市内でも遅い地域では夜の11時についたとか、結構差があるようでした。近い地域でも差があったので、どうやって決められたのかはわかりません。

 

そのあとは、溜まった洗濯をしたり、冷蔵庫のものを捨てたり、色々と片付けを。

たった1日生活が止まるだけでも日常を取り戻すのには結構時間がかかります。

 

今はスーパーやコンビニへ行っても物がほとんどありません。

野菜と果物はまだ残っていますが、温度管理が必要な魚や肉、冷凍食品、日配品、アイスクリームはほぼありません。

 

地味に困るのがパン類。

簡単に食べられるから人気なのか、ほとんど売り切れています。

 

なので今日は家で作りました。

f:id:katamurayumi:20180908210513j:imagef:id:katamurayumi:20180908210517j:image

ご飯だけでも生きてはいけるけど、やっぱり他のものも食べたくなります。コーヒーも同じで飲むとホッとします。

 

強力粉、薄力粉、ホットケーキミックスくらいは常備しておいた方が良さそう。あと卵も。

 

私が今回の地震で困ったのは、停電と食糧不足です。食糧は今日の買い出しである程度解消できたのですが、子供たちの好きな納豆と牛乳は手に入らないまま。

子供の欲求を抑えるのって結構大変です。

でも、牛乳の代わりにスキムミルクを初めて買ってみたら美味しかったという新発見もありました。

f:id:katamurayumi:20180908210834j:image

 

電気がない生活は不便だったけど、文化的で健康的な生活が送れること。最低限の備蓄をしていれば不安が抑えられること。(水は必ず!)

まだまだ普段からの備えが足りないのでこれから揃えていこうと思ったことなど、経験を通して学んだことがたくさんありました。

今度改めて必要だと思ったもの、あると良いものをまとめたいと思います。

 

震度4の地震でこんなに被害が大きくなるとは思わなかったし、本当に何が起こるかわからないものですね。突然人生が変わってしまうことだってある。

 

まだ余震が起こる可能性もあるので気を引き締めながら、日常を取り戻せるように進んでいきたいと思います。

貴重な体験をしたのでまとめてみました。ご拝読ありがとうございます。

 

パキスタンカレーって知ってる?

カレーといってもいろんな国のいろんなカレーがありますよね。みなさんはどんなカレーが好きですか?

私はカレー味のものはなんでも大体好きなのですが、特にお気に入りなのがパキスタンカレーです。

 

去年あったイベントで食べたのが初めての出会い。それからどんどんハマり、ハマり…

毎週食べたいくらい、とにかく美味しいんです。

f:id:katamurayumi:20180905140607j:image

パキスタンカレーの特徴は、割いた鶏肉をたくさん使っていて、ルウのような部分はほぼありません。カレー風味チキンの炒め煮といったところでしょうか。

いや、そんな言葉では表すのは失礼な…とても素敵なお料理です。

 

私がお世話になっているのは、イッケンヤカレー コミンさん。

とはいってもお店では食べたことがなくいつもテイクアウトです。子供がもう少し大きくなったら一緒に食べに行きたいなと思っています。

名前の通り民家を改修してカレー屋さんを営まれていて、お店の中も雰囲気がよく素敵です。

なんといっても店主さんの笑顔が素敵。いつも優しい笑顔で迎えてくれます。

どうかお近くに住んでいる方がいたら、是非遠方からでも、私はおすすめのお店へ足を運んでみてください!

 

ちなみにカレーは薬膳料理としてもおすすめ。

カレーに使われていることの多いウコンにはクルクミンという成分が含まれています。

ウコンのチカラでも有名なように、肝機能改善、生活習慣病予防効果など幅広い効果が期待されている成分ですよ。(なんと150個もの効果があるらしい)

phytochemical-dictionary.com