diet diary

私の食生活や運動を記録していきます。気を引き締めて、体も引き締めたいです。

手づくりの経口補水液

先日スポーツ関係の講座を担当した時に、「所属チームでは水しか許可してもらえないのですが、熱中症が怖いのでいい方法はありませんか?」と質問を受けました。

 

私は真っ先に0.9%の塩水…と思ったんですけど、塩分計算をするとすごい塩の量になるのでこれは違うなと思い、その時は曖昧な回答しかできなく申し訳なく感じていまいました。

 

そして、後日他の方に教えていただいたものがこちらです。

材料は水、食塩、砂糖、レモン水。

割合は人によっても違うようで、500mlに対して25〜30gの砂糖、1gの食塩、レモン汁は小さじ1くらいが良いそうです。

f:id:katamurayumi:20180613215335j:image

 

そうそう、試しに作るぞと意気込んだら、うちにはきび砂糖しかなかったと気付きまして…

 

なんとビール色の経口補水液ができあがりました。

f:id:katamurayumi:20180613215549j:image

この2つは、砂糖の濃度を変えています。

向かって右側が少し濃いめです。

結果的にわかりやすくなったので、きび砂糖でよかったかなと思ったのでした。

 

実際に経口補水液を作ってみた感想

☆甘い飲み物には砂糖がたくさん入っていることを実感。

☆味はすごく美味しい

☆冷やすと最高

☆レモン汁は大さじ1くらいでも良さそう

☆吸収されやすいので太りそう

☆スポーツしてる人、病気で体力が落ちてる人にはすごく良い

 

ジュースに入っている砂糖の量がわかるので、一度作ってみるとすごく勉強になると思います。

 

おいしいんですけど、飲み過ぎはきっと太るので、飲んだらしっかり運動しましょう。

風邪の時にもオススメです。お財布にも優しいですよ。

ご家庭でも、ぜひ手作り経口補水液を活用してみてくださいね。

 

新商品発売!いつ「からだにえいたろう」を知ってもうの?今でしょ!ようかん3種6本

ガイドデビューしました

初めまして。

管理栄養士の片村優美と申します。

この度All Aboutの食事ダイエットガイドとしてデビューさせていただきました。

正確かつ有益な情報を皆様にお届けできるように頑張ります。

 

ガイドと言いましても、私自身食生活の全てが完璧というわけではありません。

食べ過ぎる日もあれば、苦手なものもたくさんあります。

 

このブログではきれいごとばかりではなく、ダメな部分も公開して、そこをどう調整していくのかというヒントをお伝えできるといいなと思ってます。

 

食事は一生続いていくものなので我慢はよくありません。【修正する力】を身につけることも大切ではないでしょうか。

 

それではこれから、末永くよろしくお願い致します。

 

 

f:id:katamurayumi:20180613200735j:image

(今日は久しぶりに食パンを作りました。)