diet diary

私の食生活や運動を記録していきます。気を引き締めて、体も引き締めたいです。

お酒についての考え方

今年はお酒に関する残念なニュースが多いですね。

 

私も20代の頃はお酒飲んでいましたが、子供がいる生活になってからは飲んでいません。

たまに飲みたくなるのは甘酒。友達と集まる時にノンアルコールのビールを飲むくらいでしょうか。

 

ここまでお酒をやめてしまうと、飲むのがちょっと怖いというか、飲んで自分がどうなるかという不安があるので飲めません。

 

お酒を飲んで楽しそうにしてる人を見るといいなとも思ったりもしますが、依存してる人を見ると残念な気持ちにもなります。

 

私の父も大酒飲みで、子供の頃はお酒を飲む姿をよく見ていました。なぜかお酒=悪いものと思っていたので、そんな姿を見るのが嫌でした。

 

お酒を好きなら好きでもいいし、飲むなら飲んでもいいんですけど。コントロールできないくらい依存してしまうなら初めから飲まない方がいい。そう思います。

私も依存体質なのでハマると抜け出せなくならないか心配で飲んでいません。

 

お酒はコミュニケーションツールでもありますが、上手に使わないと人生を狂わせます。自分の人生だけじゃなく、人の人生さえも。

 

お酒は嗜める程度に抑えられる人だけが飲めばいい。

お酒を飲んで倒れたり、飲みつぶれたり。そんな姿を見て喜ぶ人はいるんでしょうか?

お酒を「断れない」時代は終わっています。自分のことを大切に思ってくれている人なら無理に勧めません。

 

自分の親がアルコールに依存していたらどうでしょう?目に見える害はなくても、私のように心の奥底に何とも言えない感情が潜み続けてしまうのです。

自分の健康と大事な人を守るためにも、お酒はほどほどに。コントロールできないのならやめましょう。

 

以上、個人的な意見でした。

 

phytochemical-dictionary.com